2008年09月23日

アプリケーション対応状況

使用アプリケーションが対応しているか

発注前に 使用しているアプリケーションが対応しているか 印刷屋に問い合わせる必要があります。
大半の印刷屋は
 Windowsで
  アドビ
    Illustrator 8以降
    Photoshop 5以降
  マイクロソフト
    Word 97以降
    Excel 97以降
    PowerPoint 2000以降
 Macでは
    Illustrator 5.5以降
    Photoshop 5以降 
そんなポピュラーなソフトであれば 殆ど対応出来るのではないでしょうか。
(※尤もこれはソフトのバージョン進歩で 将来的には変ることも考えられます))

ファイル名は 半角英数字27文字以内で付けます。
(Mac OX9.x以下は、ファイル名は「全角15文字、半角30文字以内(拡張子を含む)」で
つける事がルールであるから)
あと 何度も書きますがフォントはアウトライン処理するのが原則です。
posted by khimyu at 00:00| アプリケーション対応状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

パソコンの買い方

印刷DTP業界はMACが優勢だから...といった思慮は 最近は殆ど考えなくとも良くなりました。
OSの共通化で最近は「開けない」と言って来るケースが激減しています。
MACしか持たない印刷屋もありません。

パソコンを求める際に ソフトがなるべく沢山入った一般向けパソコンでも良いですが
何をするのか 何をしたいのかで選択すると良いでしょう。

価格の違いは 主に処理能力の差といえ
画像作業やレイアウトを主にしたいなら ディスプレイのサイズが大きい方が使いやすいです。
(目安として A3がほぼ一覧できるのは20〜21インチ)

画像編集ソフトのPhotoshopや ドロー系作図ソフトのIllustretorは膨大なメモリを要します。
デジカメ撮影の画像データも 高性能化に伴い肥大化していますし
一般論としては メモリとハードディスクの空き容量の合計が 
編集しようとするデータの5倍必要とされています。
posted by khimyu at 10:00| アプリケーション対応状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。