2008年09月22日

印刷物の良否を見分けるポイント

現在 ほとんどの写真は デジカメJPEGデータ入稿となっており
カメラ側で自動的に条件を踏まえて 補正の効いた写真が撮れるので
作業時に補正を加える必要が格段に減ってはいますが.....参考までに。

特に重要なポイント
・調子の再現が正しくなされているか
  明部、中間、暗部 3点指示的にバランスを見る
・色バランスが正しいかどうか
  原稿と比較して 黄色すぎたり 赤、青、緑過ぎないか 全体を眺める
  部分にとらわれぬ様に。
・色の片寄りはないか
  画面の何処かに 色がムラになっていないか
  浮いたように目立つところは無いか
  (バック全体 人物の肌色全体とか 比較的大きい面積で捉える)
  ベタ刷り部の濃度が 紙の左側と右側で差異が無いか
・発色が良いか
  強くあざやかな色が その通りに強く鮮やかに再現されているか。


・見当精度が正しいか 
  4色の位置が重なり合っていないと 微妙な調子が無くなってしまう
  アンシャープに見えやすい
・地汚れ 傷などが無いか
・文字の欠け つぶれは無いか

その他
 レイアウト通りに出来ているか 文字の指定色は正しいか
 なにか抜けていないか等 レイアウト割り付け自体の確認
 デザイン上での配色のコントラストに問題はないか 等の確認も必要です。
posted by khimyu at 21:55| 印刷物の良否を見分けるポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。