2008年09月22日

不良画像の発生要因

原稿に問題がある
 原稿の色再現不良が 補正しきれていない
 原稿の色カブリが 補正しきれていない
 原稿の傷 汚れ 電線などが きちんと修整されていない
 原稿写真が 高感度フィルム使用で粒状粗が目立ち その修整技術が未熟
 トリミング フレーミングの不良 

カラーイメージ
 カラー通りではない
 見本通りではない
 印刷屋が クライアントの傾向、嗜好を掴んでいない、
 またはクライアントが印刷屋にそれを上手く伝えきれていない。

鮮鋭度(シャープネス)
 きかせ量が適正ではない(モニター見るだけで判断できない)
 ピントが合っていない
 拡大や変倍
 モアレ(スクリーン角度を30度 黄版は15度づつずらしていない)

トーンコントラスト
 トーンカーブ設定技術が未熟
 レベル補正設定技術が未熟
 カラーバランス設定技術が未熟
posted by khimyu at 07:00| 不良画像の発生要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。